スポンサードリンク


夏休みの自由研究にオススメ。今年も工学院大学「わくわくサイエンス祭 科学教室」が開催されます。

こんにちは、とらのすけです。以前こちらの記事で、低学年向けのおすすめのコースを紹介した工学院大学の「わくわくサイエンス祭り」が今年も開催されます。 無料で科学体験!工学院大学「わくわくサイエンス祭 科学教室」3年連続で参加してわかった 幼児~低学年向けのオス  …記事を読む

北海道の知床でホエールウォッチングクルーズ。マッコウクジラに遭遇出来ました!!

地球最大の哺乳類って何でしょうか?そう、答えはクジラです。皆さんはクジラを見たことはありますでしょうか?ナショナルジオグラフィクの動画なんかを見ると、たくさんのクジラの動画を見つけることが出来ますが、イルカやサメなどの水族館で見られるものとは違って、実際  …記事を読む

家族旅行でオススメの知床の観光スポット。知床五胡の散策 星空観察 カムイワッカの滝 オシンコシンの滝に行ってきました。

こんにちは、とらのすけです。7月に入ったというのに、雨ばかりの日々が続きますね。令和元年の関東地方の7月の日照時間は、例年の10数パーセントとのことで、農作物への影響が懸念されます。さて、そんな中ちょっと早めの夏休みを取って家族で道東(北海道の東の地域)に旅  …記事を読む

セミの抜け殻から、セミの種類を区別するには? | こどもエコちゃんずクラブ 第4回 セミの観察研修に参加してきました。

こんにちは、とらのすけです。NPO法人のアクト川崎が主宰する「こどもエコちゃんずクラブ」の第4回、セミの観察研修に参加してきました。第4回 セミ研修会・自然観察(小黒恵子童謡記念館)今回の田植えは、高津駅から徒歩15分ほどにある「小黒恵子童謡記念館」で行われまし  …記事を読む

四谷大塚全国統一小学生テストの結果(1年生 2019年6月) | 予想通り長女は、国語の方が得意みたいです

こんにちは、とらのすけです。小学一年生の長女が、6月に四谷大塚の全国統一小学生テスト 1年生6月を受けてきました。長女にとっては、今回が初めての全国統一小学生テストでした。出題内容と結果をまとめたいと思います。テスト結果四谷大塚全国統一小学生テストは算数、国  …記事を読む

今年もマンゴーの季節がきました! | 6月30日まで「先行ご予約特別価格」で販売中。沖縄県産 仲間おじぃの奇跡のマンゴー<農薬を一切使っていません>

こんにちは、とらのすけです。6月も終わりに近づき、夏に近づいてきましたね。さて、毎年とらのすけがお世話になっている、沖縄ジョトー市場さんで、マンゴーの販売予約が始まりました。 「安全・安心・誠実」こだわりのおいしさを沖縄からお届け致します。マンゴー パッシ  …記事を読む

栄光ゼミナールの理科実験教室 「嘘発見器を作ろう」に参加してきました

こんにちは、とらのすけです。いつものように、栄光ゼミナールの理科実験教室に参加をしてきました。今回のテーマは、「嘘発見器を作ろう」です。なお、過去に参加した栄光ゼミナールの理科実験教室の様子は以下の記事を参考にしてください。 栄光ゼミナールの理科実験教室  …記事を読む

週末ビギナークラブ第2回「巨大ハンバーガづくり!」に参加をしてきました。

こんにちは、とらのすけです。川崎市青少年の家で行われる通年型の自然体験イベント「 週末ビギナークラブ」の第2回「巨大ハンバーガづくり!」に参加をしてきました。今回のイベントは、パン生地をこねてダッチオーブンでパンを焼き、パテを手でこねてフライパンでハンバー  …記事を読む

『二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 』5巻の感想 | 受験の夏が始まりました。

「6ヶ月”も”ある」と思っていても、「6ヶ月”しか”ない」と思っていても、良くも悪くも等しく!必ず「終わり」はやってくる。無限に今の日々が続くわけではないのです…‼引用元:二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 5巻物語は中学受験の天王山、小学6年生の夏に突入します。  …記事を読む

感想

さて今回の5巻ですが、内容がてんこ盛りの特盛でした。

おもなトピックスを見てい行きましょう。

石田王羅君の物語

桜花ゼミナールの最下位クラスのRクラス、その中でも常に成績最下位を突っ走るゲーム大好き少年石田王羅君です。

周りの友達が、受験の夏に向かって徐々に本気になっていく中で、彼だけは常にマイペース。自習室に現れても、お菓子をぶちまけたり、スマホゲームに興じたりと周りの子供たちとの軋轢がどんどんと深まっていきます。

そして、最後には黒木先生の判断で桜花ゼミナールを退塾となってしまいました。
退塾とはいっても、系列の個人指導に通い受験は継続する形となります。

そんなマイペースな石田君ですが、なぜ彼は塾に通っていたのでしょう?
そんな彼の事情が、現代の小学生の放課後事情とともに説明されます。

夏を迎えるにあたっての受験の心構え

記事冒頭で引用した黒木先生の言葉とともに、保護者に対して夏休みの心構えが説明されます。

記事冒頭でも書きましたが、この夏をどのように過ごすのか?そして本人がどれだけ受験に本気になれるのか?が中学受験の勝負の分かれ目になります。

とある親御さんから「子供には後6ヶ月しかないとうるさく言っているのに言えば言うほどバトルにしかならない、いくら伝えても、子供は全然わかってくれない…」というエピソードが語られます。

いや~このエピソード、わかります。とらのすけの長男はまだ小学3年生なんですが、このところ親のいう事を全然聞かなくなってきてしまい、困り果てています。

毎日怒りながら、こどもとバトルをしていているのですが正直、疲れてしまっています。

親が勉強を教える、親塾の限界なんでしょうかね。。。
何か、いい対策があれば知りたいものです。


さて、黒木先生率いる桜花ゼミナールでは、「Ωクラスへの選抜テスト」そして「夏合宿」で子供たち気持ちにに火をつける算段のようですが、どうなるでしょうか。

志望校選びと受験日の戦略

次のトピックスとしては、志望校と受験日の戦略に関するトピックスです。

中学受験では定番になっている、1月の「前受け」による受験に慣れさせることから始まり、志望校を第一志望の「チャレンジ校」、偏差値相応の「適正校」、持ち偏差値以下の「安全校」に分けて、2月1日午前の本命学校の受験から始まる日程で、前日までの合否の結果を踏まえて、どの学校をどのように受験するのが良いか?の戦略を立てる事が説明されます。

当然、受験勉強真っ最中の子供が自分で戦略を立てる事は難しいので、親が戦略面を担うことになります。

しかし、親も大変ですね。しかも、こんなにパターンを受験をするってことは受験料だけでも大変なことになりそうな気がします…。1巻の冒頭の「父親の経済力」というのが思い出されます。

Ωクラス入りを果たした二人と夏合宿

夏合宿がある塾と言えば「早稲アカ」が有名ですが、桜花ゼミナールのモデルでしょうか。
親としては、旅行してまで勉強?という気にもなりますが、泊りがけで同世代の子供たちと過ごすという非日常感はいい刺激になるのは間違いないでしょう。
親としても、家にいられて「勉強しなさい~」とバトルするよりは精神的にも楽ですしね。


さて、夏合宿の開始時に「Ωクラスへの選抜テスト」で2名が「Ωクラス」入りをします。

一人は、最強進学塾フェニックスから点塾をしてきた双子の片割れ、もう一人は自由な校風に憧れて、志望校を変更した、内気な女の子でした。

1巻で、受験へのモチベーションが高まった鉄道大好き加藤君は、成績は大幅にアップしたものの一歩届かず、残念ながら「Ωクラス」入りはなりませんでした。

夏合宿では、同学年の子供たちとの交流や競争を通じて徐々に、子供たちのやる気に火が付き始めていくエピソードが語られます。

合宿中には、楽しみながら勉強をする、偏差値60の女の子ジュリちゃんのエピソードが語られます。うちの子もこんな感じで、勉強を楽しんでくれるといいんですけど、どうすればいいのか。。。

まとめ

さて『二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 』5巻の感想をまとめました。

この一冊に、よくもこれだけの内容を盛り込んだな~というぐらい、いろいろなことが詰め込まれていました。


まだ読んだことのない人は、是非1巻から読んで見てください。


それではまた。
/記事本文 -->

田植え体験(とんもり谷戸)「こどもエコちゃんずクラブ 2019」に参加しました。

こんにちは、とらのすけです。NPO法人のアクト川崎が主宰する「こどもエコちゃんずクラブ」の第3回、田植え体験に参加してきました。とらのすけが小学4年生の頃、学校の体験授業で田植えをして以来なので、かれこれ35年ぶりぐらいの田植えとなります。米作は、日本の歴史、文  …記事を読む
スポンサードリンク


↑このページのトップヘ